[動画]ストライクと10ピン残りの違い。

テンピン残り

今回は何回も取り上げておりますが、ストライクと10ピン残りの違いを。

やはり、このストライクになるとき、10番ピンが残るとき、

この違いを理解することが、ボウリングのAVEアップに繋がる大事な要素だと思いますので、

もう1度のこの動画のご紹介(^^)

 

* 今回の記事は過去記事からの加筆修正になります。

 


adsense


 

 YouTube動画リンク STRIkE vs. “RINGING”TEN PIN

 

STRIkE vs. “RINGING”TEN PIN
 The Sport of Bowling – USBCより

 

 動画内容

 

ちょっと5秒ほどのCMが入ってしまいますが、skipしていただいて(^^ゞ

このピンアクション動画を見てみますと、

ストライク

ストライクショット

テンピン残り

このように、ストライクショットとテンピンタップのピンアクション動画が流れていきまして、

ちょっと見にくいですが、2つの動画を重ねあわせて、その違いを説明してくれております。
(もちろん、全部英語!!、私には分かりませんでした、笑)

 

 ストライク

 

10番ピンを倒すストライクは、ボールが1番ピンに当たったあと、

1番ピンに負けず(弾かれず)に3番ピンの左側に当たって、

3番ピンが6番ピンを、そして6番ピンが10番ピンを綺麗に倒した時におこります。

 

1番ピン左にストライク

このような感じですね(^^)

毎回ポケットヒットして、このような感じでストライクになってくれれば問題無いのですが、

なかなか思うようにならないのがボウリングですよね〜(笑)

まぁ、毎回完璧にストライクが取れたなら、逆につまらないかもしれませんけど(^^ゞ

 

 ボールが1番ピンに負ける(弾かれる)

 

1番ピン右にテンピンタップ

ポケットヒットして、ストライクにならない場合のひとつは、

今回の動画のように、ボールが1番ピンに当たってあと負けてしまい(弾かれて)、

3番ピンの厚めにヒット、そして6番ピンの薄めにヒットして、10番ピンを倒さずの場合ですね。

 

この場合、テンピンが残る可能性が高いのですが、

キックバックを利用してや、

あるいは6番ピンがスレスレで10番ピンに当たり、なんとか倒してくれる場合もあると思います。

その場合、良し!ストライクだ!

と喜ぶも良いのですが、

ストライクになったからといって、次も同じ投球をしては、

今度は10番ピンが残ってしまう可能性がありますので、

やはり、ストライクを喜びながらも、次の1投のことを考えておかないといけません(^^ゞ

 

1番ピンに当たってからのボールの動き、

3番ピン、6番ピンのピンの飛び方、

ボールがポケットヒットしてからも、いろいろな情報がそこにはたくさんあります!!

 

これ以外にももちろんたくさんのピンアクションがあります。

そういう情報を見逃さず、有効活用することが、次の1投に役立ち、

そしてそのことが、少しずつですがAVEアップにも繋がりますので、

ボールを投げたあと、ストライクになったか、何本残ったかも気になりますが、

 

ピンアクションも最後まできちんと目で追って見届けましょう(^^♪

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>