iPhoneアプリ スコアを管理 Best Bowling Free

ベストボウリング

ボウリングのスコアを残して、集計、管理したいと思ったことありませんか?

アベレージはもちろん、ストライク率やスペア率の計算など!

私も昔はノートに手書きで残して、記録していましたよ(^^ゞ

少しづつですが、自分が上達するのが分かって楽しいんですよねぇ。

ストライクが1ゲーム平均何回なのか?

またどのピンのスペアが苦手なのか、客観的に数字で分かりますから、

練習する時の参考にもなりますしね(^^♪

 

そんな、今日はボウリングのスコアを管理できるアプリのご紹介を。

私が使っているアプリがiPhoneなので、今回はiPhone専用アプリです(^^ゞ
(またAndroid版もご紹介致します。)

アプリで管理、集計出来るなんて、便利な世の中になりましたよね(笑)

 

 iPhoneアプリ

Best Bowling Free (無料版)

ダウンロードはこちらから

 

入力画面

一覧

まずアプリを立ち上げるとこの画面になります。
(リーグ名と点数は、仮のものと実際のものが混ざってます、笑)

無料版なので、必ず上部分に広告が出ますが、それほど気にならないと思います。

下の3つの部分はメニューとなっていまして、

「一覧・入力」 「分析」 「設定など」

をクリックするとそれぞれのページに変わります。

そして右上の「+」の部分をクリックすると、競技会の入力画面に変わります。

 

入力0

<タグ>
8種類のグループ分けが出来ます。
(グループ名も設定から変更可能)

<日時>
ボウリングされた日時ですね。

<イベント名>
競技会名。
(練習なら練習と入力で良いと思います)
過去の入力した競技会名は履歴が出ますので、次回からは入力を選ぶだけになります。

<場所>
ボウリングされたボウリング場名
これも過去に入力したボウリング場名は履歴が出ますので、次回からは楽です(^^♪

<メモ>
メモです(^^ゞ

<ハンデ>
ゲームとシリーズ、どちらでも入力出来ます。

 

1番下のスコアの1ゲームをクリックするとスコア入力画面に切り替わります。

入力1入力2入力3

スコアは3つのパターンから入力出来ます。

<ピン>
実際に倒れたピンをクリックして入力していきます。
設定でピンは最初から倒れている状態にした方が早く入力出来ます。
残りピンを入力するため、1番詳しい分析が出来る入力方法です。

<数字>
スコアを数字で入力していきます。

<合計>
そのゲームの点数のみを入力します。

<使用ボール>
右上のボールのところをクリックすると、使用ボールも入力することが出来ます。
設定のところでボール登録出来ますので選ぶだけになります。

 

スコア表示

ピンで入力していくと、このような感じのスコア表示が出来るようになります。

残りピンも表示して、実際のスコアシートみたいですよね(^^♪

 

 設定

設定1設定2設定ボール

各種設定画面。

こちらで、細かく設定することが出来ます。

ボール設定のところは使用ボールの画像も貼ることが出来ますよ(^^♪

 

 分析

やはり、このようなアプリでスコア管理するということは、

そのスコアの分析が自動で出来て便利です。

分析

グラフでの分析や、

 

分析1分析2分析3

各種数値での分析、
ストライク率やカバー率、オープン率、ノーヘッド率などが分かります。

 

分析ピン1分析ピン2分析ピン3

そして、ピン入力をしていると、このピン分析画面を見ることが出来ます。

その中の、1ピン残り時の2投目倒ピン率はかなり有効な指標になると思います。
シングルピン残りはやはりミスしないようにしないといけませんので、
この分析で苦手なシングル残りピン分かりますからね!
重点的に練習することが出来るようになります。

オススメですので、ぜひみなさんも入力して見てください(^^♪

 

分析フィルター

そして、この分析はフィルターも掛けることが出来ます。
イベントや場所、集計期間などが設定出来ます。

 

このように、

このiPhoneアプリのBest Bowling Freeは

分析もかなろ充実していて、便利ですので、

1度みなさんも自分のスコアを入力して分析してみてください!!

自分のボウリング分析が出来て、

ますますボウリングが楽しくなりますよっ!!(^^♪

 

 
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>