ノーム・デュークの動画講座 vol.5 Turning the Ball Early

チキンスイング

ノーム・デュークのビデオ講座。

第5回目はTurning the Ball Early

直訳は「ボール早期に回します」となります。

 

ノーム・デューク自身は動画中ずっとこのことをチキンスイングと言って、

手を早めに回すなということなんでしょうね(^^ゞ

 

9/14加筆。
今回分から、この記事を見てくださっている方から、翻訳文をいただきましたので、
そちらの方も載せております。
この翻訳を見ながら、動画講座を見ていただければかなり分かりやすくなるのではないでしょうか。
私ではニュアンスしか分からなかったのですが、
翻訳を送ってくださり、ありがとうございます(^^♪

 


adsense


 

 ノーム・デューク動画 Turning the Ball Early

 
06 Turning the Ball Early

https://youtu.be/G7ojEbhCPvg
 

 翻訳

 
・ 皆さん、重圧のかかる場面でボールを早期に回してしまうのは、そうチキンウイングなのは自分だけと思っていませんか?
・ ボールは2-3枚のボードを右へ振動させます。そしてその上にはなにもありません。
・ みんなそれをやります。珍しい事ではありません。
・ 今日はみなさんに、このチキンウイングをやり過ごすに有用ないくつかのチップスをプレゼントします。
・ バックスイングのトップのところから話を始めさせていただきます。
・ このスイングにおいては、より長くとどまる必要があります。そうだからバックスイングのトップにおいて、
・ みなさんには、ボールを6-8インチ下へ下げてみて欲しいのです。そう単に下げる。
・ もしボールを掴んで引っ張ると、わずかですが回転させながらひっぱる事になるでしょう。それがチキンウイングの始まりなのです。
・ ついでに言えば、トップから引っ張れば、それは単にスピードなのです。
・ 回転があまり得られず、パワーも出せません。得られるのはボールのスピードだけなのです。
・ だから、ボールを少し下に下げるようにしてやるのです。
・ 次に、腕のこの部分を意識します。
・ 実際、スイングの全体においても、この部分について意識したいものです。
・ 肘の正面は、すべての時点において、ターゲットに向かっている必要があります。
・ それが崩れてしまうやいなや、手は左側を向き始めます。
・ そちらの方へ・・チキンウイングです。
・ そう、まさにここ!いつもターゲットに向けるのです。
・ 最終的には、私たちは手の上で仕事をするわけになるのですが、ここでみなさんにはピースサインを作っていただきたい。
・ そして手の中にボールがある間は、この2本の指の間にスポットがあると想像して欲しいのです。
・ そして多くの書物では、掌から持ち上げなさいとかかれている代わりにです。
・ 掌から持ち上げる場合、既に掌は左を向いています。
・ 私がして欲しいのは、この指の間のスポットを意識して、これをターゲットへ向けて加速させると言うことです。
・ その時には手はボールの若干後ろ側へセットされることになるでしょう。
・ 手を回すことなくそれを太ももを通過するまで保てたら、もうチキンウイングはありません。既にその地点を過ぎているのです。
・ そして貴方は回転が得られ、スピン、レスポンスも得られます。Pinにパワーを加える事が出来ます
・ 重圧のかかる局面で、望まぬものではなく、望むものを得る事が出来ます。
・ そしてハッピーな結果を得る事が出来るのです。
 

 内容

 

チキンスイング

まずは、脇が完全に開いた状態で、手を早めに回す様子を再現しながら、チキンスイングの説明から。

話している様子から、これはしてはダメということが分かりますね(^^ゞ

 

バックスイング01

バックスイング02

そして、長い長いバックスイングから、下ろしてくる時、

早めに体を回してしまうのも、ボールスピードを上げるだけで、

回転力が付かないのでダメで、チキンスイングだと。

 

9/14 加筆。
バックスイングトップの位置を少しだけ下げてほしいと言っていますね。
それにより、力んで下ろすのを防ぐということなのでしょうか。

 

肘はまっすぐ

手を早めに回さず、肘は正面で、

 

肘横

肘は横を向かないように。

 

ターゲット

ターゲットに向かってまっすぐするに!(^^)

 

このことを気にすることで、チキンスイングにならないということですねっ!!

 

 英語字幕

 

今回分から、映像とノーム・デュークの音声から少し英文を修正しております。

 

06 Turning the Ball Early

So you think you’re the only one who turns the ball
a little early pressure situations?
chicken wing’s it

Ball flutters two or three boards to the right but with nothing on it
Hey. we all do it it’s very very common.

But i’m going give a couple of tips to help you through this
Now i’m going to statr from the top of the back swing

We need to stay in this shot longer.
So at the top of the back swing

i want you to let the ball fall six or eight inches. Just let it fall.

If you take this ball and you pull it.
you’re gonna to pull with a little bit of turn.
that’s the start of that chicken wing

For that matter. when you pull from the top. that’s just ball speed.

It’s not going to you a lot of rev a lot of power
All it’s going to do is give you ball speed

So. from the top we’re going to let it fall

Then we’re going think about this part of the arm.
in fact the whole swing we want think about this part of the arm.

The face of the elbow needs to be pointed at your target at all times.

As soon as you collapse and this starts pointing at that left wall.
that there my friend is a chicken wing.

So right here always at the target.

Lastly we’re going to work on the hand
I want you to make the peace sign here
and when your hand is in the ball
I want you to think about an imaginary spot between these two fingers.

And instead of like most books will tell you to lift from the pads
well when i lift from the pads. my polm is already facing the left wall. already.

What i want to do is think about this spot and accelerate that part of your hand through tour target

Now that’s going to set your hand just a little bit farther behind it.

Now if you can wait until the hand passes the leg before you do any turning.
there’s no chicken wing there. it’s already past the point of chicken wing.

Now you’re going to get rotation. you’re going to get spin.
you’re going to get response. power into the pins.

You’re going to get the things in pressure that we like not the ones that we don’t like.

And in pressure situations you’re going to be happy with the results.

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>