目線を変える。

目線

ボウラーズハングアウトさんサイトの、

ひと言アドバイスのコーナーが更新されております。

第24回目は、「ボールを早めにロールさせるにはドットを使おう」

 

ひと言アドバイス#24 「ボールを早めにロールさせるにはドットを使おう」

もし通常よりも早めにボールをロールさせたい時は、
スパットではなくドット(通常レーンの7フィート地点にある)を狙います。
続きを読む

    ボウラーズハングアウトさんサイトより抜粋

 

レーンが思った以上に早い場合、手前からボールをよく転がして、

レーンとの摩擦力を高めないといけないですから、

この目線を手前にして、狙うのは効果的ですよね(^^♪

私はもともとドット付近から手前を見て投球しているのですが、

レーンが早い場合は、アプローチの速度を落とし球速を落とすのはもちろんですが、

もっと手前を見て(もう足元付近、笑)、投球しております(^^)

 

最初にこれに挑戦すると、ドットが自分に近すぎる感じがして、ファールラインのすぐ近くにあるような気がしてしまいます。
でも、実際にはそんなに近くはないのですが、そう感じてしまいます。
あまり腰から前傾させ過ぎないように注意すれば、ドットを見た時に頭と上体が自然と前傾できるようになります。
頭と肩を高く保ち、腰を低くします。メガネの下半分からターゲットを見るような感じにすると上手くできるようです。
もしくは、頭の上にニトログリセリンを乗せたつもりで、それをこぼさないように歩くといいでしょう。→ 続きを読む

    ボウラーズハングアウトさんサイトより抜粋

 

はじめの方は違和感があり、慣れないかもしれませんが、

レーンが早い場合の対応方法として練習しておくのは良いと思います(^^♪

もちろん、この前のノーム・デュークの動画講座でもありましたが、頭は動かさないようにですね。

 

手前から転がしたい場合は目線を変えてみる。

 

ボウリング関連サイトリンク

ボウラーズハングアウト サイト

 


adsense


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>