ノーム・デュークの動画講座 14 Rev 翻訳あり

REV

ノーム・デュークのビデオ講座。

第14回目はRev

 

Rev、ボウリングでは回転ですね(^^♪

この回転についてはみなさん1番興味があるところではないでしょうか。

回転は無いより、あるに越したことは無いですからね〜(^^ゞ
(回転がありすぎて困るというのは、羨ましいです、笑)

 

今回も見てくださっている方から、翻訳文をいただきましたので、

そちらと合わせてみていただければ、分かりやすいと思います。

 


adsense

 ノーム・デューク動画

14 Rev

https://youtu.be/3kZ-r5yZYfQ

 

 翻訳

 

Rev

・ どんなスポーツにもパワーが存在しますよね。ボウリングにおけるビッグフックは、パワーの一つです。
・ そのショットは、pinを至るところへ飛ばし、ストライクの確率を上げます。
・ 今日は我々のツアーの幾人かが、如何にして凄い回転を作り出しているかについて少しお話しましょう。
・ まず最初に、グリップに関して重要な事をお話しします。リリース時に親指が抜けにくいほどきつくするのはよくありません。
・ フィンガーが抜ける前に、長くどんな具合にサムが抜けているかをご覧ください。
・ サムが抜けてフィンガーが抜けるまでの遅延が長いほど、回転はよくかかります。そのギャップがボールを鋭く回転させるのです。
・ 皆さんはこのポイントを通して加速を加えます。そしてこの時こそ回転量を多くさせる時なのです。
・ さて、今度はいわゆるヨーヨー効果についてお話しましょう。
・ 持ち上げてリリース、持ち上げてリリース。
・ この動作は、野球、フットボール、バスケットボールなどすべてのスポーツにおいて見られる動作です。
・ ボウリングにおけるリリースは、インパクト中の手首の後方への曲げ、またはインパクト直後の曲げによって生じます。それがリリースです。
・ しかし、BigRevのプレイヤー達は、カップによってそれを開始します。
・ 彼らはこんな風にしっかりとボールを保持します。
・ 実際今日多くのプレイヤーは、フィンガーだけで投げ、その一方では最大限にボールをもてるように前腕に載せているかも知れません。
・ 両手を使う人もいます。そうすれば大きくカップをしながらコントロールを良くすることが出来ます。
・ 多くの人、トミージョーンズは、こんな風にボールに全部指を入れてしっかりと回転をかけて投げます。OK私たちもそれをやりましょう。
・ もしカップが出来るなら、それは助けとなります。ここで少し力が要ります。特に私のボールは16ポンドなので。バックスイングにおいてもずっとカップをするのはたやすいことではありません。しかしそれが可能になれば、多くの回転に変える事が出来るでしょう。
・ さて、もう一度理解して欲しいのは、バックスイングが高くなるほど、よりスピードが速くなると言うことです。そして貴方が力を抜けば抜くほど、ヨーヨーのようにボールを弾けさせることが出来ます。
・ もしあなたのバックスイングが高くないなら、足を速くすることでそれは達成できます。
・ レーンを速く歩くほど、足によって作られるボールのスピードは速くなります。
・ 得る運動量が多ければ多いほど、大きなフックを得るために作り出すボールスピードに必要なスイングは小さくなります。
・ それでエネルギーを蓄えてそれはストライクへと向かうのです。
・ あなたは決めなければなりません。大きな回転をかけて投げようとするときに、私のようにほとんど駆け足で速く歩いて、低いバックスイングにするのかどうか。
・ それとも、バーンズやジョーンズやウェーバーのような高く大きなバックスイングにするのかを。
・ しかし、ここにキーポイントがあります。リリースポイントを通じての加速と言う。
・ もしこの加速がなければ、どんなに力を入れてもそれを回転に変えることは出来ないでしょう。
・ 実際、トップから力を入れてスピードを上げてボールを投げても回転にならないのは、そのためだと思われます。
・ ボールはずっと足を超えてリリースポイントを通過するまで落ちるに任せて、そして加速させましょう。手首を解放するのを忘れずに。
・ フットボールをパスする時も同様なのをご存じでしょう。持ち上げてリリース、持ち上げてリリースです。
・ フットボールを使って同じ動作を理解しましょう。持ち上げて、リリースです。
・ 家庭で、フットボールを使って、この持ち上げて、リリースを練習しましょう。そうしたら、貴方はどうやって回転させるかを先んじて理解することが出来るでしょう。
・ 螺旋状に出来たらグッドです。手にとってくるくると回転させ、まったくらせんになりません。
・ ボウリングにおけるリリースにおいて、貴方の裏庭でのフットボールがもう一度再現されるべきなのです。
・ そこへ出かけて、得点の無いゲームに支払うお金よりは、安いと思いますよ。
・ 試してみてください。そして、やり終えたら、それをあなたのポストショットのルーティンに実行してください。

 

 内容

 

今回は回転についてのお話です。

親指抜け早く

まずは、親指の抜けはスムーズである方が良いということ。

きつすぎて抜けにくいのはダメ。

これは、親指が抜けてから、フィンガーが抜けるまでの時間が長いほど
(フィンガーだけでボールを運んでいる時間)

回転が良く掛かり、鋭く回転させられるということになります。

これは今までからよく言われていることですよね(^^♪

 

YOYO

そして、次にヨーヨー。

これは日本ではローダウンと言われているモノですね。
(私は出来ないので、説明が出来ないのですが・・・)

手首のスナップを効かせて、ヨーヨーのするように回転を掛けるやり方です。

これが出来ればかなり鋭い回転を掛けることが出来ると思います。

 

CUP

そして、たくさんの回転を掛ける人達はこのようにカップリストを作って投げています。

 

バックスイング

バックスイングを高くする、あるいは歩くスピードを早くして、ボールスピードを出すか。

どちらかを選択してくださいと。

ここがキーポイント!!

リリースポイントを通じての加速、

この加速が無ければ、どんなに力を入れてもそれを回転に変えることは出来ない。

力を入れるだけでボールスピードを出しても回転にはならない。

ボールが勝手に落ちるのに任せて、そして加速させる。

このことが鋭い回転を掛けるために大事なことのようです(^^♪

 

 英語字幕

 

最後に今回も英語字幕を。

映像とノーム・デュークの音声から少し英文を修正しております。

 

14 Revs

Hey. you know there is power in every sport
that big hook in bowling is our power.

that shot that throws pins everywhere and increases your carry personage.

today i am going to show you a little bit about how some of those guys on tour get the mighty reds.

now the first thing i want to say that is important about your grip.
you don’t want to have a thumb that is so snug that you can’t get smooth release.

you see how the thumb exits the ball long before the fingers.

now the longer this delay.
the more revolutions you are going to get

it’s this gap that is really going to get this ball spinning quickly.

you add acceleration through this point and that is when you really get a lot of revolutions.

now i want to show you the load and the unload.
the yo-yo effect let’s say.

i’m loaded and i’m released.

this is almost every sport
baseball football basketball all of them have it.

in bowling. our release comes from a backward bend a of the wrist through impact or just after impact.
that is the release.

but it starts with the big rev players with a cup.

and they and cupping the ball much loke this

in fact. many of the power players.
nowadays either throw the ball like this with only their fingers in the ball.

while maybe resting against their forearm
this is maximum load right here.

some of the guys use two hands now so that they can have a lot more control with that big cup.

a lot of the guys.
Tommy jones. guys like that.
throw a lot of revs with then full in the ball so that’s okey. you can do that.

it helps if you can cup the ball.
you have to be a little strong here. especially in my case. i throw a sixteen pound ball.

not the easiest thing to do. to cup it on the way back
but if you can. it’s going to translate into more revs.

Now i want you to realize again that the higher the backswing.
the more ball speed you’re going to get out of your backswing

and the looser you can be on the way through so you can really pop that ball just like the yo-yo.

if you don’t have a high backswing it can still be accomplished with fast feet.

understand the faster i’m traveling to the line.
the more boll speed that i am creating through the momentum with the legs.

the more momentum i’ve got. the less swing is required to create that ball speed needed to get big hook down the lane.

so it stores all the energy and turns into that carry.

so you are going to have to determine when you’re throwing the big rev.
whenther you are going to have a lower swing with fast feet almost running like i do.

or that big high backswing like the Barnes and the Tommy Jones of the world. Pete Weber.

but here is the key point: acceleration through the release point.

if you do not accelerate through the release point you’re not going translate any of this power into revolutions.

in fact. it’s probably because you’re going to take it from the top and throw it and that is ball speed.
that’s not revs.

so let’s let this ball fall all the way past the leg and through the release point:
accelerate and don’t forget to release the wrist.

you know the same as you would pass a football. you load any release.
you load and you release.

you can do the same thing underhanded with this football.
you load and release.

Now if you take a football at home and you practices this load and release you can really learn how to rev one up.

you can get it to spiral real good.
you can even take it and get it end over end so it doesnt spiral at all.

Just about every release in bowling can be re-created with this football in your backyard.

it’s a lot less expensive than going out there and spending all that money on countless games.

try this then you can work on your post-shot routine when you’re done.

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>