ハウスコンディションでのスペアの注意点

ハウスコンディション

最近の競技会で採用されている、ハウスコンディション。

このように中のオイルが多くて、外のオイルが非常に少ないコンディション。

失投出来る範囲が広がり、ストライクを取るには絶好のコンディションですが、

スペアを取る時は少し注意が必要です。

スペアは3-6-9スペアシステムとかを利用して取るのですが、

このシステムは「横のオイルが均一」でという条件がつきますので、

ハウスコンディションのように、横のオイルが極端な時には機能しない場合があります。

 

今回は7番スペア(右利き)の場合にスポットを当てて、

ハウスコンディションでのスペアの取る時の注意点などを解説したいと思います。

 


adsense


 

 7番ピンスペア(右利き)

 

最近はスペアボールを使うなどして、

スペア自体はそもそもストライクのラインとは別物のラインを使って,

スペアを取りに行く場合が多くなっています。

 

7ピン直線

7番ピンはこのような感じですよね。

人それぞれですが、このように右側から直線的に7番ピンを狙う感じになります。

 

曲がりにくい、オイルの影響の受けないボールで、

直線的に狙っているのであれば、問題は無いのですが、
(カバーミスするのは、単純にコントロールミスになります)

1投目のボールで、ストライクのラインから調整されて投げられる場合は、

レーンコンディションの影響を受けますので、若干注意が必要になります。

 

 7番ピンスペア、曲げて取る場合の注意点

 
スペアの取り方7番ピン曲げる

1投目のボールで曲げて取る場合はこういう感じなります。

されている方はも多いかなと思います。

 

7ピンハウス

問題は、ハウスコンディションのように、中のオイルが多く、外のオイルが少ない場合。

 

スペアの取り方7番ピン左へ

外側オイルが極端に少ない、または無い場合、

そして、奥のクリーニングがしっかり出来ていて、切れるコンディションの場合、

7番ピン手前はだれも使用しない場所になりますから、

キャリーダウンも無くクリーニングがしっかり出来ている状態のまま。

ちょっと左に失投してしまうと、その7番ピンの手前のクリーニングされている場所で、

思った以上にボールが曲がる場合があります。

 

スペアの取り方右へ

そして、今度は逆に中のオイルが思っている以上に多い場合、

自分のイメージより、ボールが曲がらない場合があります。

 

このように、中と外、そして奥の切れが鋭い、極端なレーンコンディションの場合は、

左へ少し失投すると左のガターに、右へ少し失投すると右側へと、

ミスする範囲が少し大きくなりますので、意外と7番ピンスペアが難しくなってしまいます。

 

曲がりを把握されているコンディションの場合は問題無いですが、

このように極端なコンディションと判断した場合は、

やはりスペアボールなどで直線的に取りに行った方がスペアする確率は高くなりますので、

普段から苦手意識も無くす意味も含めて練習されていた方が良いと思いますよ〜(^^)