ボールスペック表の読み方

 

SPECIFICATION 仕様

カバーストック SSF 78 Extra Pearl Reactive
コア I-Core2.0(Middle Heavy)
RG 2.480
ΔRG ディファレンシャル 0.057
InterDiff 0.015
Fire Red / Rose / Silver
表面仕上げ 1500 Factory Polish

 

ボールスペック

カタログやメーカーのホームページを見ると、このようなボールのスペック表が載っていますよね〜(^^)

英数字の羅列や各数値が載っていますが、

今回はこのスペック表の読み方を簡単に書いてみたいと思います。

ちなみに上の表は今月発売のTRACKパラドックスパールのスペック表です。

 


adsense


 

 ボールスペック表

 
スペック
 
各メーカーごと書き方が少しずつ違いますが、ボールスペック表は、

● カバーストック(名)
● コア(名)
● RG
● ΔRG(ディファレンシャル)
● InterDiff(マスバイアス差)
● 色
● 表面仕上げ

こういう感じの項目になっております。

 

 読み方

 

簡単にこのスペック表の項目の読み方を書いてみたいと思います。

 

● カバーストック

いうまでもなく、ボール表面の素材です。

ボールの曲がり、摩擦力など、性能はほぼこのカバーストックで決まります。

カバーストックで70%、コアやドリルレイアウトで30%と言われています。

しかし、このスペック表で載っているのはカバーストックの名前のみですので、

どれだけの性能かはメーカーの説明でしか分からないのは悩ましいところですよね〜

同じカバーストックのボールが前にあればそこから推測は出来るのですが、

初めての場合で想像でしか分からないですので、

もし可能なら誰かが使っているのを見てから購入を考えるのもひとつの手だと思います。

 

● コア

ボールの中のコアの名前です。

形はこのように画像で掲載されているのでそちらで確認することが可能です。

先ほども書きましたが、曲がりへの影響度は30%ほどとなります。

パラドックスレッドパールコア

 

● RG値

Radius of Gyration(回転半径)

微妙な差なのですが、ボールの中心が重いかどうかの数値です。

値が小さい方が重くなります。

数値が小さい(重い)方が、手前から転がりやすい低慣性のボールとなります。

規定は2.460〜2.800

 

● ΔRG値

コアの形状は画像を見ても分かりますように丸ではないので、

向きによって慣性モーメントが変わります。

ピン方向が最小で、向きを90度ズラすと最大になります。

その差がこのΔRG値となります。

ボールのフレアの大きさに影響を与えます。
(ボールに付いてくるオイルの線が扇状に広がる幅)

基本的に大きい方が曲がりが大きくなります。

規定は0.000〜0.060

 

● InterDiff(マスバイアス差)

Differential of Massbias

非対称コアのボールで、コアの重心が中心からどれだけズレているのかの数値。

ボールの曲がり出しキレに影響を与えます。

デュアルレイアウトのようなドリルレイアウトにより、曲がり出しキレを調整します。

規定は特にありません。

 

● 色

ボールの色ですよね(^^ゞ

1色からマーブル状の3色くらいになります。

好きな色のボール、これで選ばれる方もおられると思います。

 

● 表面仕上げ

表面の最終仕上げですね。箱出し状態。

前の数値の1000とか2000がアブラロンやペーパーなどの番手の数値で、

後ろのポリッシュやシャイン、ダルやサンディングなどが最終仕上げの仕方になります。

番手が小さい方が荒くなります。

ポリッシュやシャインは光っている状態、ダルやサンディングは曇っている状態となります。

番手が小さい方が摩擦力が強くなります。

また光っている状態の方が滑りやすく、曇っている状態の方が手前から曲がりやすくなります。

 

このような感じとなります。

次はこの項目をもう少しずつ詳しく書いてみたいと思います。

また、このスペックを表を見ながら、自分の欲しい動きのボールはどんなものなのか?

曲がりやすい、滑りやすい、大きく曲がる、あまり曲がらない、

などを決めて、ボールを選択していくと、

自分の欲しいボールが見つかると思いますよ〜(^^♪

 



ボールスペック表の読み方” への1件のコメント

  1. ピンバック: ボールスペック表の読み方 カバーストック編 | ボウラーズベンチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>