PL31の法則。

フッキングポイント

PL31

最近良く聞く言葉ですよね〜

私もよく記事の中で使っていますし(^^ゞ

今回はそのPL31について少し書いてみたいと思います。

 

まずPL31というのは、パターンレンジ(Pattern Length)の略になっていまして、

使い方としましては、簡単にいうとフッキングポイントの設定。

 

パターンレンジ、そして31、とついている通り、

レーンコンディションのパターン、レーンコンディションのオイルの長さで、

フッキングポイント、ボールの出口の有利な位置を割り出そうという法則になっております。

 

* 今回の記事は過去記事からの修正加筆となっております。

 


adsense


 

 フッキングポイントはレーンコンディションの長さで決定される

 

フッキングポイントというのは、

ボールが曲がり出し始める位置のことですので、
(ボールとレーンとの摩擦力が大きくなる場所)

その場所はオイルの無くなった場所からということになります。

なので、

フッキングポイント35フッキングポイント40フッキングポイント47

ちょっと極端な例を用意しましたが、

このように、レーンコンディションの長さが変わると、

そのオイルの無くなった場所から1番ピンまでの距離、

フッキングエリアの長さも当然変わってきます。

 

ボールはこのフッキングエリアで曲がって1番ピンに向かって行きますので、

このフッキングエリアが短いと、もちろんボールの曲がれる距離が短くなり、

このフッキングエリアが長いと、ボールの曲がれる距離が長くなります。

 

ということは、

フッキングポイント長い時フッキングポイント短い時

このように、

フッキングエリアが長い時は、1番ピンから遠くで外の方から、

フッキングエリアが短い時は、1番ピンの近くで中の方から、

曲がり出すように攻めた方が効果的になります。

 

これは当然ですよね、

もしレーンコンディションが短い時に中の方から曲げてしまうと、

ボールは曲がりすぎて、1番ピンの左側まで曲がってしまいますし、

レーンコンディションが長い時に外から曲げてしまうと、

1番ピンまで曲がりが届かない場合が出て来ますから。

 

昔はレーンコンディションが長い時、レーンが速い時は、

曲がらないので外から攻めろとよく言われましたが、

今は逆にフッキングエリアを見て、レーンコンディションが長く速い時は、

出来るだけ1番ピンの近くから曲げて攻める方が効果的になります。

 

 そこでPL31の法則

 

では、具体的にどのようにフッキングポイントは設定するのかというと、

さきほども書きましたが、レーンコンディションの長さでほぼ決まりますので、

レーンコンディションの長さで位置を決めてしまいましょう。

 

そこで、PL31の法則。

ボウリングマガジンの6月号のアジャスティングアカデミーでも紹介されていましたが、

4-5-6度となるフッキングポイントはどこか?

というのを計算すると、その結果、
(具体的な計算式は難しいので、結果だけ使っちゃいましょう、笑)

オイルパターンの長さから、マイナス31するとちょうど良い関係性が認められ、

 

オイルパターンが長い時は、フッキングエリアが短いので、1番ピンの近くから曲げる。

そして、オイルパターンが短い時は、フッキングエリアが長いので、1番ピンの遠くから曲げる。

ということがいえるわけですね(^^)

 

計算式は難しいですが、使い方は簡単で、

40フィートのコンディションなら31引いて9枚目にフッキングポイントを設定。

35フィートなら31引いて4枚目に設定。ちょっと外側になりガター付近からですね。

47フィートなら31を引くと16枚目となり、ほぼ1番ピン近くからとなります。

 

でも、これは計算式だけでの数値ですので、
(あくまで有利なフッキングポイントの位置ということですね)

あとはフッキングエリアがどのくらいの摩擦力があるのかで微調整した方が良くなります。

クリーニングが良くて奥切れがすごい時は、曲がりが大きくなりますので、ちょっと外側に、

逆にオイルが伸びた用な状態で曲がりが少ない時は、ちょっと内側に、

という感じで位置を少し調整して、フッキングポイントの設定します。

あとは投げてみて調整ということですね(^^ゞ

 

でも、漠然とした位置に投げるよりは、

ある程度、有利なフッキングポイントを設定してから、

レーンアジャスティングする方が、だんぜん有利ですし、ポケットヒットする確率も高まりますから、

どんなコンディションでも同じところに、投げているという方も、

このPL31の法則を使って、レーンアジャスティングをしてみてはいかがですか〜(^^♪

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>