パーフェクトストライクの条件

ストライク

パカーン!!

綺麗なドミノ倒しで、良い音が鳴るパーフェクトなストライク

やはり出したいですよね〜(^^)

昨日はパーフェクトストライクとリンギングテン(テンピン残り)の動画でしたので、

今日はそんなパーフェクトストライクになるポイント、条件と、

リンギングテンになるパターンを少し書いてみたいと思います。

 

* 今回の記事は過去記事からの加筆修正になります。

 


adsense


 

 ドミノ倒しで

 
パーフェクトストライク5

よく見る図ですよね。

パーフェクトストライクはこのようにして、ピンとピンのドミノ倒しによって起こります。

 

パーフェクトストライク1

まずはこのように1番ピンの右側、

7番ピンに対して、1.2.4番ピンが一直線上になる場所にボールを当てます。

 

パーフェクトストライク2

そして、次は今回のパーフェクトストライクのキモになる、3番ピンへの当たり。

これも10番ピンに対して、3.6番ピンが一直線上になる場所に当てる必要があります。

 

ここがポイント!!

 

この図を見ていただいても分かるように、

1番ピンに当たってから、3番ピンの左側の10番ピンへの一直線上なる場所に当てるには、

ボールが少し左側へ食い込んでいるのが分かります。

そうです。

ボールは左側へ曲がらないと、パーフェクトなストライクは出ないのです。

 

 3度必要

 
パーフェクトストライク3

さきほどのところを拡大してみますと、このように左側へ少し曲がっています。

その角度3度!!

そう。この角度を出すために、みなさんボールに回転をかけて曲げているのです。

1番ピンにボールが当たってから、弾かれないようにするために、

回転をかけ、レーンとの摩擦力を高めて、ボールがピンに負けないようにするのです。

 

そうすることによって、

パーフェクトストライク4

このようになります。

ドミノ倒しによる、綺麗なストライクですよね(^^♪

 

ボールに回転をかけ、ボールを曲げる、レーンとの摩擦力を高めることは、

ストライクを出す条件として非常に重要な要素となります。

 

 テンピンタップ

 

パーフェクトストライクタッ

ちなみに、1番ピンに当たってから、ボールが1番ピンに負けて、

3度の食い込みがない、まっすぐに行ってしまった場合は、

この図のように、ボールが3番ピンに当たるとき、10番ピンに対しての一直線上では無く、

3番ピンの正面から少し左側に当たってしまい、ドミノ倒しにならず、

3番ピンが6番ピンの左側の薄めに当たり、

その6番ピンが10番ピンの手前から横に行ってしまうことになります。

こうしてテンピンタップが生まれてしまいます(^^ゞ