投げるときの目線

目線

みなさん、投げる時の目線はどこを見てますか??

 

ピン??

スパット??

 

一般的に言われるのは、ピンは見ずにスパットを目標にして投げなさい。

 

ボウリングはあんな重たいボールを投げるのですから、

投げる目標は、当然近くを目印にして投げた方がコントロールが良くなりますので、

当然ですよね(^^)

 

でも、

近くの方がコントロールが良くなるのなら、もっと手前の方が良いとは思いませんか??

 

私個人的にはスパットではなく、

手前のドッドを見ながらの方がコントロールは良くなると思っております(^^ゞ

 

もしスパットボウリングをされている方で、どうもイマイチコントロールが?

という方は、一度もっと手前のドットボウリングを試してみても良いと思います。

狙ったライン、ブレイクポイントまでボールが運び易くなるかもしれませんよ〜(^^♪

私自身はドットよりもっと手前の板目を見て投球をしております(笑)

 


adsense

 

 目線を変えてスピード調整

 

オイルが多く、思っていた以上にレーンが早い場合や、

ゲーム後半、レーン手前のオイルが少なくなり、ボールが走らなくなった場合、

当然、投げるラインの変更や、ボールチェンジなどのアジャスティングをするのですが、

スピード調整でアジャスティングする場合、

投げる時の目線を変えるのは、かなり有効な方法となります(^^)

 

目線画像

いつもより遠く(奥)を見て投げるとボールスピードを少し上がります。
(手前が走る、行くような感じなります)

逆にいつもより近く(手前)を見て投げるとボールスピードは少し落ちます。
(手前から転がす感じなります)

私は、ボールをいつもより転がしたい、スピードを落としたい時はこの方法を取っております。

1度お試しください〜(^^♪