kindle本紹介 サムのタイミング 入れ替え式のサム。

サムのタイミング

今回はいつものkindle本の紹介です。

ボウリングディスマンス翻訳シリーズ

「サムのタイミング」

また、一つ気にしなきゃいけないタイミングが増えた!

です。

 

親指の抜け

そのタイミング

「また一つ気にしなきゃって」っていうより、

ボウリングの投球で非常に重要な要素ですよね(^^♪

 

今回のこのkindle本ではそのサムの話なのですが、

内容的には、それほどタイミングのことに触れていないんですよねぇ。。。

交換式のサムが出てきたことと、
(ボウリングに10番ピンが追加された時くらいの発明とべた褒めです)

フォーワードピッチとリバースピッチについての解説、

あと、サムは緩めはダメだということ。

この点について書かれております。

今回はあまり紹介するところが無いので、、、

交換式サムについて少し書いてみたいと思います。

 


adsense


 

 交換式サム。

私も、ABSさんから発売されているスイッチサムを使用しております。
(あと、交換式サムはVISEのItなどがありますよね)

もう数年使用しておりますが、

交換式のサム、素晴らしいモノだと思います。

 

メリットはなんと言っても、

どのボールを投げてもおんなじ親指の感覚で投げられること。

これに尽きます。

 

いままでも、サムをおんなじように開ければ当然おんなじ感覚なのですが、

これが、全く同じににはならないんですよね、どうしても。。。

これは、みなさんご経験ありだと思います。

でも、交換式サムは入れ替えるので、当然全く同じになります。

 

あと、この本でも書かれていましたが、

この入れ替える方を(インナーと呼びます)、数個持っておいて、

その日の親指に合ったインナーを入れるだけなので、

イチイチテープなので調整しないで済むというメリットもあります。

私は、メインのインナーと、少しキツメ用、少し緩め用の3種類常備しています。

細かい調整がいる方は、もうちょっと細かく数個持たれても良いと思います。

 

いい事ばかり書きましたが、

デメリットは、

これは、インナーやアウター(止める側)が欠ける、壊れる可能性があるということ。

私はまだ無いので、それほど気にしないで良いのかもしれませんが、

可能性としてはあり得ます。

あと、アウター側のドリルの仕方に寄っては、インナーが外れにくいという場合もあります。

インナーを外すのに意外と握力がいりますので、

もしかすると女性の握力では入れ替えがしんどいかもしれません。

その場合は入れ替えをする補助具がありますので、そちらを常備することになります。

 

交換式サムについては、また別の機会に記事にしたいと思います。

 

 

今回紹介のkindle本、ボウリングディスマンス翻訳シリーズは、

それほど文章量は多く無いので、1つ約10分ほどで読めます。

値段もそれほど高くないのでお手軽に読めますので、
(この本は150円!!)

興味のある方は読んでみてはいかがですか??

 

 

kindle本は、専用の端末なくても、

iPhoneやiPad、Androidスマホ、タブレットでもkindleアプリをインストール、

あとは、amazonにアカウントを登録してあれば簡単に購入することが出来ます。

この機会に電子書籍未経験の方も試してみてがいかがかと思います。

簡単ですから!!

管理人より