kindle本紹介 「フィッティングおよびドリルに対する解剖学的アプローチ」

フィッティング

今回はkindle本のご紹介を。

いつものボウリングディスマンス翻訳シリーズです(^^♪

 

「フィッティングおよびドリルに対する解剖学的アプローチ」

 

ちょっと長い目タイトルですが、

ドリルのレイアウト、自分の手に合う、投げやすくなる、

フィッティングの部分についてのお話が書いてあります。

 


adsense

 オフセット

デュアルアングルレイアウト

通常、フィンガーとサムのレイアウトは、このように、センターラインを中心にして配置されますが、

手の骨格は中指、薬指に対して親指は真下に無いので、

この中心に開けるドリルではフィッティングがイマイチになるということですね。

 

なので、今回のkindle本では、

オフセット

オフセットという考えて方が書かれております。
(されているドリラーさんもおられると思います。)

 

オフセットa

また、フィンガーに対してと、サムに対してのピッチの方向なども解説されております。

 

このようにドリルすることによって、

IMG_0094

IMG_0094 2

手のひらのフィッティングが増すということでですね(^^♪

 

手の骨格からに対してのドリルレイアウト。

興味深い内容ですので、

kindle本をご購入出来る環境の方は1度読んでみてはいかがですか〜(^^)

 

 



フィッティングおよびドリルに対する解剖学的アプローチ” への8件のコメント

  1. この本を購入して読みましたが、日本にIBPSIAプロショップはあるのでしょうか? ちなみに私は埼玉県越谷市在住です。
    また、ボーラーズベンチ投稿者様はこのドリルを試されたことがありますか?

    • 山田さま。

      IBPSIAのプロショップは私の知る限りでは、日本には無いと思われます。
      個人的にドリラーさんが勉強されてオフセットのドリルはされている方はおられると思います。

      私自身のボールではこのADTはまだ試したことはないです(^^ゞ
      オフセットのドリルは他のドリラーさんのレイアウトをそのまま開ける形でのドリルはしたことあるのですが。

      またそのドリラーさんにオフセットの話しを聞いてみます。

        • 山田さま。
          オフセットのドリルをされている方からお話を伺うと、
          ドリラーの日坂義人さんもオフセットのドリルをされているみたいです。
          日坂さんは、センターフォーカスという名称でドリルされているとのことです。
          ADTではないですが、基本的な考え方は一緒だと思いますので、機会があればお伺いされてはいかがですか(^^ゞ

          • 管理人様
            ありがとうございます。
            以前、日坂氏のセンターフォーカスも検討したことがありますが、プロショップが横浜なのでまだ相談したことはありませ。

      • 管理人様
        私は右利きですが親指の付け根の関節が硬くてフィット感が乏しいので、1年ほど前、サムのラテラルピッチを少しレフト側にしてみたことがありました。ドリラーはオーバーターンを強制するには良いが抜けにくくなるかも知れないといっていました。確かにターンをしないように意識していないと抜けませんでした。
        ADTではラテラルピッチをレフト側に大きく設定することを推奨していますが、どの位にすれば良いのでしょうね。

        • レスト側にピッチを入れるは、オーバーターンを直すのには良いと思います。私も左へ1/8入れております。

          一般的には指を握った時に、親指が人差し指に来る場合は左へピッチを入れた方が良いとされています。逆に薬指側に来る場合は右側に。

          山田さまがどのくらい左へ入れているのか分からないのですが、今現在投げられていて、親指の内側(人差し指側)にタコがもしあるのなら、もうそれ以上は左側に入れないで良いと思われます。もし外側(薬指側)にキズが出来る場合は、もう少し左側にピッチを入れられた方が良いと思います。

          入れる量ですが、1/8程度ではあまり効果が分かりにくいので、1/4ほど入れられたら違いが分かると思います。

          またゲーム数を投げれて握力が落ちて投げにくくなる場合も少し左側のピッチを増やした方が楽に投げれる場合があります。
          左側への量を増やすと抜けにくくなりますので、逆に握力が無い場合は落ちにくいので投げやすくなります。

          • 管理人様

            ありがとうございます。

            参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>