ストライクとリンギングテンのピンアクション動画

テンピン残り

少し前の記事で10番ピン残りの違いについて書きましたが、

過去記事。
10番ピン 2種類の残り方
10番ピン 2種類の残り方 その原因と対応方法

 

USBCさんのYouTubeサイトで、

ストライクとリンギングテン(ソリッドテン)のピンアクションの比較動画がアップされております(^^)
 


adsense


 

 YouTube動画リンク STRIkE vs. “RINGING”TEN PIN

タイトル

STRIkE vs. “RINGING”TEN PIN
 The Sport of Bowling – USBCより

 

 動画内容

 

ちょっと5秒ほどのCMが入ってしまいますが、skipしていただいて(^^ゞ

このピンアクション動画を見てみますと、

ストライク

ストライクショット

テンピン残り

このように、ストライクショットとテンピンタップのピンアクション動画が流れていきまして、

ちょっと見にくいですが、2つの動画を重ねあわせて、その違いを説明してくれております。
(もちろん、全部英語!!、私には分かりませんでした、笑)

 

 ピンアクションの違い。

 

この動画の、ストライクと10番ピンが残った時の違いを見てみますと、

10番ピン残りの方が、ボールの軌道が1枚ほど外からになっていますよね(^^ゞ

その分、1番ピンへの当たりが気持ち薄くなってしまったのかなと思います。

 

ストライク

3番ピン厚め

そして、1番ピンへの当たりから3番ピンへのボールの軌道を比べてみますと、
(上がストライク、下が10番ピン残り)

やはり10番ピン残り、リンギングテンが出るときは、3番ピンへ厚めにヒットしてしまっていますよね。

そのことによって、6番ピンの薄めにヒットして、10番ピンの前を通過してしまっています。

最後のボールの出口(ボールがピンデッキから奥に落ちて行く時)の場所を見てもらえば一目瞭然で

明らかに右側へと抜けて行ってしまっています。

 

やはり、1番ピンに当たってからのボールの動きが重要で、

1番ピンに弾かれにくいボール、レーンとの摩擦力が大事ということですね(^^ゞ

 

 最後に

 

最後に、

いくらテンピンタップして、悔しいと思っても、

このように、

ボールリターン

ボールリターンを蹴ってはダメですよ!!!

 

神様お怒り

神様がお怒りになります!!(笑)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>